英語ができるなら海外就職を考えてみませんか?

英語ができる人で就職を考えている人は、海外就職を考えてみてはどうでしょうか? - 海外で生活するのには、中学英語だけでも十分

海外で生活するのには、中学英語だけでも十分

海外旅行や海外での生活にあこがれている人はたくさんいます。日本人は、英語に苦手意識を持っている人が多いものですから、海外生活と聞くと「英語ができるんだ、すごい!」と、単純にリスペクトされるかっこよさもあります。ですが、実際それほどの英語力は必要ないのを知っていますか。

英語圏での生活は、中学英語までで大丈夫

海外で生活をするだけなら、中学卒業程度のレベルの英語でも大丈夫です。必要なのは日常会話です。挨拶や、必要最低限の情報のやりとりができれば、生活にそれほど支障は起きません。
会社などで、英語で営業や接客、取引などをする場合には、ビジネスレベルの英語が必要になるので、それなりに勉強しないといけません。
ビジネスレベルと日常会話レベルでは、必要な英語力に大きな差があります。飲食店などでアルバイトをする程度なら、日常会話レベルの英語力でも大丈夫です。

中学まででならったことを完璧に実践するのは難しい

「日常会話レベルの英会話ならできる!」と思っている人も多いですが、本当に大丈夫でしょうか。日本の英語教育では、読み書きはできるようになりますが、聞き取りと話すことに関しては苦手意識をもっている人が多いです。
海外で生活する場合、読み書きよりも聞き取りや話す能力を求められる機会の方が圧倒的に多いです。文章にすると、すっと理解できるような内容でも、耳だけに頼るとなると分からないという人がかなりいます。

海外に行くなら耳を鍛えるべき

簡単な中学英語でも、聞き取りができない人が多いです。文章にすれば理解できるものでも、音だけだと難しく感じるのが日本人の特徴です。中学卒業レベルの英語を聞いたり話したりがスムーズにできるようにしておくといいです。

関連する記事